« 涌出宮 百味の御食 (わきでのみや ひゃくみのおんじき) | トップページ | 奈良フードフェスティバル »

第18回前田真三賞受賞決定 2

今年の前田真三賞受賞者、森上倍名氏の受賞作品
「奥三河 望郷の景」が、隔月刊風景写真の最新号に
掲載されました。

東京では、受賞者と審査員によるスライド&トークショー
も開催されるようです。

誌面で審査員も述べておられますが、前回(2年前)受賞
の飯田久江氏の白鳥を主役にした作品が、斬新な感じ
を受けたのに比べ、森上氏の作品は、どちらかというと
オーソドックスに組写真の王道を行っている感じがします。

バラエティに富み、品のある個性が散りばめられた飽き
のこない構成は、さすがですね。
受賞作30枚のプリント作品を直にじっくり見たいものです。

残念ながら受賞には及ばなかったものの、受賞作決定前
の最後の審査に残った「ノミネート」2作品と、「予選通過」
の15作品も発表されました。

「予選通過」の中には、昨年の同賞クオリファイでベスト3
に入ったプロや有名フォトクラブ指導者のほか、キヤノンや
富士フィルムなどのコンテストで、グランプリや大賞を受賞
された猛者たちが並ぶ中、私の名前(作品「おとぎの池」)
も紛れてました。

受賞したわけではありませんが、修行中のひよっことして
は、身に余る光栄です。

ただ、自分の作品が一定の評価を受けた嬉しさよりも、
何が良くて何が悪かったのか、その評価をぜひ聞いて
みたいという気持ちが…

11月8日(土)13:00~16;00 アイデム本社ビル(東京都新宿区)
 風景写真Award2014展 講演会&セミナー
   
第2部「前田真三賞審査員が語る 組写真のヒント」
           (上位予選通過者講評・対談)

では、上位予選通過作品の講評もあるようですので、
ぜひ聞いてみたいと思います。

 

このような大きな賞の応募準備が、これほど過酷なもの
とは思っていませんでしたので、「二度と応募することは
ないだろう」と思っていましたが、これでまた泥沼に足を
突っ込みそうな予感が…

« 涌出宮 百味の御食 (わきでのみや ひゃくみのおんじき) | トップページ | 奈良フードフェスティバル »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

予選通過、おめでとうございます。胸を張れる立派な成績です!
前田真三賞の予選通過って、オリンピック100走の決勝に進出した様なものです。残念ながら表彰台(受賞作品+ノミネート作品)には上れなかったですが・・・
それにしても1組30枚は凄いですね。毎月、私も数枚をカメラ雑誌に応募しますが、その画題付けだけでも悩みます。(写真の選択は選択肢が殆どないので簡単です) 撮影は勿論ですが、選択・並び順・画題・印刷・応募資料作成・発送他、考えただけでも気が遠くなります。写真が仕事であったり、退職後の趣味であれば良いのですが、写真・家庭・仕事を両立させての事です。特に、家庭。
それと、講評が気になりますね。と言うより、プロの方に評価してもらえて嬉しさ半分、怖さ半分と言う気持でしょうか。良い点を3つくらい上げてもらって、改善点を1つくらい指摘されるのがベストですが、話される方によります。

いろいろ書きましたが、兎に角、良かったですね。いつも本ブログを見ている者としても嬉しい限りです。
今後の活躍にも期待してます。←少し、プレッシャー?!

本田さん

こんばんは
ありがとうございます。
3人の審査員の先生方には、昨年も講評(クオリファイ作品)いただきましたが、
褒めることはほとんどなく、もうボコボコにされてきました。
今回の予選通過は、その時のご指導の賜ものと言えます。
自分の作品には、思い入れが先行してしまい、冷静に判断できなくなることは
頭ではわかっていましたが、先生方のご指摘で改めて自覚できました
自分の努力不足、素質のなさで、思い通りの写真がなかなか撮れませんが、
そんなことも楽しみに転化して、気長に続けていければと思います。

こんばんわ

そうですね、是非総評をお聞きしたいところですね。
予選通過改めておめでとうございます。
そしてお疲れさまでした。

happykotaさん

こんばんは。
ありがとうございます。
11/7は講評を受けに東京に行ってきます。
今回もボコボコにされると思いますが…
またご報告させていただきます。
happykotaさんもコンテストを一緒に楽しみましょう。

『風景写真』の石川です。
先日は「風景写真Award2014展」セミナーにご協力をいただきありがとうございます。おかげさまで皆さんに喜んでいただけるセミナーになったのではないかと思っております。
でも、今回も“ボコボコ”にしちゃいましたかねー? だとしたら申しわけございません。
私たちと致しましては予選通過という時点で、すでに前提として“ある水準を超えている”と評価をさせていただいており、決して褒めるところがないというわけではないのです。ただ、「こうすればもっと良くなる」というところを一生懸命伝えようとするあまり、弱点ばかりを指摘しているようになっているのかもしれませんね。
以後、気を付けます・・・・・と言いつつも、これからもそんなに変わらなかったりして・・・・・

石川編集長さま

セミナーでは大変お世話になりました。
本当に勉強になりました。ありがとうございました。
今回も十分ボコボコでしたが、実は私自身、それを楽しみにしてます。
社交辞令で意味もなく褒めていただくよりも、はっきり悪い点を指摘して
いただいた方が、その後の上達につなげられますので。
立ち直れないくらいにボコボコニされたら、二度と同じ過ちを繰り返さな
くなると思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/77373/57756789

この記事へのトラックバック一覧です: 第18回前田真三賞受賞決定 2:

« 涌出宮 百味の御食 (わきでのみや ひゃくみのおんじき) | トップページ | 奈良フードフェスティバル »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ